料理研究家 陣田 靖子さん

料理研究家 陣田 靖子さん

人を喜ばせるのが大好きな陣田靖子さん。長女が生まれ、家に友達を呼んで料理を披露し教えていたことがきっかけで、現在はマクロビオティック&米粉料理研究家として活躍されています。女性は人生をより輝かせるために、アンチエイジングではなく、何歳になっても「ビューティフルエイジング」を目指しましょうと語る陣田さんにお話しを伺いました。

人を喜ばせたいとの想いがいつの間にか料理研究家へ

長女が生まれ、外出する機会が減ったのをきっかけに、よく家に友達を呼んで料理を披露していたんです。すると、みんなにレシピを教えてと言われ始めたんです。

また、子どもにはできるだけ健康的な食事を提供したいと考えたことも、「自然食」を研究する発端でした。周りの人からの要望もあり、15年前くらいから料理教室を開始することになりました。教室では、野菜だけを使ったマクロビオティック料理などを教えていたら、アレルギーの子どもを抱えていた若いママさんたちから「卵・牛乳・小麦を使用しない料理を教えていただけませんか?」とお願いされました。
生来私は人から求められたら応えたいタイプなので、海外視察にまで出て料理を研究しました。ただ、小麦を使わないというオーダーはきつかったです。マクロビオティックのスイーツはベースが小麦ですから。代替食品として雑穀粉や米粉を使用すれば達成できることは分かったのですが、雑穀粉は少量で値段も高く、コストが掛かってしまうんです。
そこで辿り着いたのが「米粉」でした。

日本は3000年近い歴史を持つコメ民族

今では多少知られている米粉も、当時はまったく無名の存在でした。しかし、よく考えてみると、もともと日本人はコメ民族として3000年近い歴史を持っています。体に合わないわけがありません。また、小麦の代わりに米粉を使用したパンを作ってみると、しっとり、もちもちとして料理自体も美味しくなることに気付いたんです。やっぱり我慢って続かないんですよね。

私もジャンクな食生活をしていた時期もあったのですが、子どもができて「自分を変えなきゃ」と決意しました。女性は、妊娠をきっかけに自身を見つめ直すものなのだと思います。米粉を使った料理であれば、美味しく楽しく自分を変えることができます。また、卵・牛乳・小麦を使用しない料理であれば、アレルギーを持った子どもも学校やご家庭で、みんなと同じ食事をとれます。同じものを分け合って食べられるのって心を通い合わせるうえで本当に大切なんですよ。“同じ釜の飯を食う”って言うでしょ。

さらに、米粉料理を教えてしばらくすると、子どもだけではなく、ママさんたち自身にも変化が表れたようです。「てきめんに肌の質が変わった」「腸の調子がよくなったせいか便秘しにくくなり、太らなくなった」などの声があがってきました。
私の教室に来た方には、できるだけ元気になって帰ってほしいです。自分の人生をより輝かせるためにも、アンチエイジングではなく、その先の何歳になっても「ビューティフルエイジング」を目指しましょうと伝えています。

効果的なデトックスには食前の発酵食品がポイント

現代は、食生活が豊かになりすぎたため、以前に比べてお米を食べなくなってきました。しかし、粉にすれば、パンやパスタ、スイーツにもできるので、食べるバリエーションが広がります。

私が目指しているのは、日本古来でしかも新しい、米を中心とした食文化です。また、最近日本でも注目を浴びていますが、「デトックス&グルテンフリーダイエット」というセミナーをかなり前から開講しています。 普段の食生活からデトックスしてあげることがとても大切です。例えば、食前は酵素がたっぷり含まれている生野菜や、代謝の助けになり体を内側からキレイにしてくれる発酵食品、食後にはお茶などで余分なものを流してあげるなど食事の前後で摂り入れることでデトックスになる食品があります。

JWティーは料理教室の参加者から教えてもらいました。飲むだけではなく、料理にも使えて一石二鳥です(笑)。必要なのは日々の体調管理です。体に不調を抱えていたら、お金や時間をたくさん持っていても幸せを感じにくいですから。


JWティーと米粉を使用したバナナケーキ

材料

米粉 …… 300g
JWティー茶葉 …… 1パック
B.P …… 大1
バナナ …… 1本
レモン汁 …… 小2

(A) 無調整豆乳 …… 250ml
(A) 菜種油 …… 80ml
(A) メープルシロップ …… 80ml
(A) ラム酒漬けレーズン …… 大3
(A) ラム酒 …… 大1/2
(A) 自然塩 …… 小1/2

無糖ジャム …… 大3
ココナッツファイン …… 大3

作り方

① ボウルに米粉とJWティー茶葉、B.Pを入れてよく混ぜる
② バナナは皮を剥き、3mmぐらいの輪切りにして、すぐにレモン汁をかける
③ 別のボウルにAを入れてよく混ぜ、①に加えて混ぜ合わせる
④ ③に②を汁ごと加え、さっくりと混ぜる
⑤ 底だけクッキングシートを敷いた型に④を流し入れ、160℃のオーブンで30分ほど焼く(竹串を刺して、生地がつかなければオーケー)
⑥ 焼きあがったらすぐ、上部に無糖ジャムを塗り、ココナッツファインを飾り、再度オーブンで2分焼いて完成

料理研究家 陣田 靖子さん
料理研究家
陣田 靖子さん

マクロビオティック&米粉料理研究家(リマクッキングスクール師範科卒)、米粉マイスター協会専務理事。
「日本人のソウルフードはお米でしょ!」「どうせ手作りするなら、食材にこだわって体にいいものを家族に食べさせたい!」、そんな気持ちから生まれた簡単・おしゃれ・ヘルシーなレシピが人気です。
国内各所にて米粉マイスター認定講座、アレルギー食講座、デトックス&ダイエット講座などの食事指導講座やマクロビオティック、米粉100%のパン&お菓子教室などを開講。著書に「ロハスな食卓大地と自然の恵みから」(ソニー・マガジンズ刊)「100%米粉のパン&お菓子」「アトピーにも安心子どものお弁当」(家の光協会刊)など他多数。台湾でも書籍が翻訳され、出版された。