開発者
サー・ジェイソン・ウィンターズ

サー・ジェイソン・ウィンターズの略歴

サー・ジェイソン・ウィンターズ

Sir Jason Winters

(1930〜2004.12)

1930年、イギリス生まれ。聖ヨハネ騎士団最高位騎士。世界中で愛飲されているジェイソン・ウィンターズ・ティーの開発者。冒険家、俳優、スタントマンとして活躍後、人生の岐路に立ったとき、自分のため、そして遺される家族のためにハーブを探して世界中を彷徨い、1977年に偶然の巡り合わせによりジェイソン・ウィンターズ・ティーを誕生させる。以来、自らの体験を元にした執筆、研究、講演活動を通じ、27年に渡って人々の健康生活のために尽力、勇気を与えた。その功績が評されて各国から数々の褒賞を授受、2001年には最高位ナイトの称号を与えられた。2004年、日本限定品であるプレミアムブレンドの開発・発売開始を見届けたかのように、家族に見守られながら安らかな眠りについた。

ジェイソン・ウィンターズ 年表

1930年
イギリスに生まれる
1947年
カナダに移住
1967年
マッケンジー川(4,241km)をカヌーで下る
1968年
ロッキー山脈を熱気球で縦断
1969年
大西洋をヘリウム気球横断に挑戦するが失敗
1977年4月4日
人生最大の絶望を味わう
1977年8月頃
絶望のなか探し出した3種のハーブをブレンド
1978年
ジェイソン・ウィンターズ・ティーを世界中に広め始める
1984年12月5日
オランダ王国より勲章
1985年9月9日
マルタ騎士団よりナイトの称号を授与
1992年2月28日
アメリカ合衆国下院より功労賞
2000年3月20日
アルベール・シュバイツァー財団より褒状
2001年4月25日
マルタ騎士団より最高位のナイトの称号を授与
2003年3月
日本でジェイソン・ウィンターズ・ティー販売開始
2004年12月12日
サー・ジェイソン・ウィンターズ没
2013年8月
サー・ジェイソン・ウィンターズの遺志を継いだ商品 “ジェイソン・ウィンターズ・バイオプラス” 販売開始

与えられた褒賞

  • 英国チャールズ皇太子からの親書

    英国チャールズ皇太子からの親書

    統合医療財団(The Foundation for Integrated Medicine)の後援者であり名誉会員を務める英国チャールズ皇太子から、ウィンターズ氏の健康分野での功績に対し、写真入りの公開親書が贈られました。
    これは「現代医学とハーブ等の健康産業を法律で認めさせる仕事に、力を貸して欲しい」という要望への貢献によるものです。

  • ブレア元英国首相からの親書

    ブレア元英国首相からの親書
  • マルタ騎士団からの“サー”の称号

    マルタ騎士団からの“サー”の称号
  • アメリカ合衆国連邦議会
    功労賞1992

    アメリカ合衆国連邦議会 功労賞1992
  • アルヴェール・シュヴァイツァー
    財団より贈られた褒状

    アルヴェール・シュヴァイツァー財団より贈られた褒状
  • オランダ王国から送られた
    月桂樹賞

    オランダ王国から送られた月桂樹賞

サー・レイモンド・ウィンターズから
皆様へのごあいさつ